注文住宅と分譲住宅の違いとは?

間取りの柔軟性について

注文住宅と分譲住宅を比較した場合に最も大きい違いとしては、前者が基本的に自分の好みの合わせて間取りを決めることができるのに対し、後者はあらかじめ間取りが決められているため好みを反映できないという点が挙げられます。そのため、こだわりが強い方であれば注文住宅の方が向いていると言うことができるでしょう。もっとも、その分、注文住宅の方が高額になる傾向は否めませんが、最近はなるべくコストを抑えつつ設計の自由度を確保できるようなセレクトオーダータイプの注文住宅も登場しています。一方で、分譲住宅側でも事前にある程度要望を反映できるようなカスタマイズ型のプランが出てきていますので、両者の違いは小さくなってきているとも言えるでしょう。

間取り以外の違いとは

注文住宅と分譲住宅の最大の違いは前述の間取りの自由度にあると言って過言ではありませんが、それ以外にも両者の違いは存在します。例えば、分譲住宅は大量生産によってコストダウンを図るという考え方が元にあるために、どうしても建物の強度や住宅設備のグレードが平均水準になりがちですが、注文住宅であればいくらでも自分の考えに合わせて耐震性を上げたりグレードの高い設備を入れたりすることが可能です。また、分譲住宅の場合には施工業者はあらかじめ決まっているのに対し、注文住宅であれば自分で業者から選ぶことができるというのも大きな違いと言えるでしょう。どちらが良いとは一概には言えませんが、このような両者の違いをよく把握して、自分に合った方を選ぶことがお勧めです。

新築一戸建ては家族を持つ者には、とても素敵な夢の響きです。自分の好きなように内装も外装も設定でき、自分の所有物はかけがえのないものになります。