注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅と分譲住宅の違い

注文住宅は建てる土地選びから自分で決めて建てる住宅のデザインや間取りも一から決める事になります。全て自分の希望通りに作る事ができるので、理想の住宅を建てる事ができます。建設費用はデザインや間取りなどを決めながら調整する事ができます。
分譲住宅は注文住宅のように一から土地や間取りを決めるのではなく、既に業者によって建てられた住宅です。完成した住宅を見てから購入するか検討できますし、注文住宅のように予算を調整しながら間取りやデザインを決める手間がありません。また既に完成しているので、購入してから入居するまでの期間が短くなります。住宅の価格も同じ規模で同じ場所でも注文住宅よりも建売の方が安い傾向があります。

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅のメリットは土地選びから住宅の間取りやデザインや導入する設備まで全て自分の希望通りに決める事ができる事です。既に建てられている建売住宅では土地も間取りなども全て思い通りにする事はできないないので、希望通りの一戸建てが欲しいと考える人には大きなメリットです。
注文住宅のデメリットは同じ立地で同じ規模の住宅を購入しても建売と比べると価格が高くなりやすい事です。土地選びや間取りやデザインを一から自分でやるので、予算との調整に手間がかかる事もデメリットです。建売住宅の場合は購入してからすぐに入居する事ができますが、注文住宅の場合は購入を決めてから建設が始まるので実際に入居するまでに時間がかかります。

分譲住宅とは、整備済みの区画に分けて、数区画以上まとめて販売された土地(分譲地)と、その上の建物があわせて販売されている住宅を指します。