注文住宅を建てるときの流れ

まずは土地を入手しよう

注文住宅は依頼主の好みに応じて設計された住宅です。「どんな間取りにしようかな」とイメージをふくらませるかもしれませんが、その前に土地を手に入れましょう。間取りを自分の好みで設計できると同時に、どこに建てるかも決められるのが注文住宅のメリットです。土地の入手ルートはいろいろで、親族から譲ってもらう例や不動産業者に問い合わせる例などがあります。不動産業者を経由して土地を買う場合、場所や広さに応じて価格が大きく異なるのはもちろん、社会の経済状況によっても価格が変動します。予算内で自分の好みに合う土地とめぐりあうのは、なかなかむずかしいかもしれません。住宅メーカーでも土地探しの相談を受け付ける場合があるので、じっくりと探してください。

住宅設計は専門家と相談しながら

土地の確保が済んだら、いよいよ住宅の設計となります。具体的には、建築を依頼する住宅メーカーを決定します。住宅メーカーの数はかなり多いので迷うかもしれませんが、住宅展示場などを参考に決めましょう。住宅の設計に慣れている人はあまり多くないはずですが、心配はいりません。専任のスタッフがいるので、そのスタッフと相談しながら詳細を決めましょう。注文住宅はゼロから設計を考えることもできますが、メーカー側で用意している設計を基本に、部分的に変更するだけでもかまいません。予算や将来の生活設計をスタッフに伝えれば、適切な設計方針を提案してくれます。設計の詳細が決まれば、あとは建築が完成するのを待つのみです。家具やカーテンなどを購入するなら、入居のタイミングに遅れないように手配してください。